ようこそ、わん卓と、こだわり商品のBitte商店へ! 愛犬も家族の一員! 地元能登・加賀・北陸のこだわりを全国に発信しています!

野菜は安全か?

 本当に野菜は安全?

ここに、一例を挙げます。

あなたはご存じないかと思いますが、キャベツの例です。

地元で栽培されるキャベツは、通常、殺虫なしには、虫食いだらけになり、とても食べれる状態にはなりません。

農薬の怖さの意識のある生産者は、このように、防虫ネットを被せ、害虫が、葉に寄生するのを防ぎます(周りの自給農家さんは、多くこういった方法を用いて農薬を抑えています)。

こうしないと、蝶々の幼虫などで、キャベツは間違いなくぼろぼろになってしまいます(蝶々のいない冷寒期は別ですが・・・)。

キャベツの防虫
防虫ネットを使って害虫の侵入を防ぎます。

八百屋や、スーパーで売られているキャベツは、相当きれいですので、たぶん、そういった害虫を農薬で駆除しているものが多いと考えられます。

中には、巨大なハウスを使って栽培し、蝶々などの侵入を防いでいるところもあるかと思いますが、それにしても、栽培コストは高くつきますし、生産農家さんは、そんなことを望まないでしょう。また、そういったことを表示した販売はなされていませんね!

農薬を、できるだけ使わない野菜の栽培は、どうしても手間暇がかかりますので、生産農家さんでは嫌われます。

でも、中には、有機栽培を表象する生産農家さんも多くいますが・・・。

『メス化する自然』の中で、繰り返し述べられていますが、いったん体内に取り込まれた農薬は、すべてを体外排出することが難しく、その影響がすさまじくなるものが過去に多数あった、とのことです。

長い時間が経たないとその影響が表面化しないのも、怖いことです。

 毎日食する野菜、野菜栽培に農薬が使われている!

お客様は、露地栽培の野菜にはなんらかの農薬が使われていることを
ご存知かと思います。

ハウス栽培の場合も、農薬を使っていない場合は、それが、野菜販売の際の
セールスポイントとなりますので、農薬が使われていると考えるが普通では
ないでしょうか?

農薬を使わないと野菜栽培に手がかかり、その労力は大変なものになります。

例えば、キャベツの栽培ですが、ハッピーファームのキャベツは、防虫ネットを被せて蝶や害虫の侵入を防いでいます。そうしないと、蝶の幼虫や害虫に、
キャベツの葉のすべてを食い荒らされてしまい、キャベツが収穫できなくなります。 
防虫ネットを被せる手間は、大変なものがありますので、最小限のキャベツしか生産していません(ほとんど自家用のキャベツです)。

キャベツの出荷をしている生産農家は、大量のキャベツを生産していますので、その一つ一つに、防虫ネットを被せると、その労力は大変なものになります。

また、防虫ネットのコストも、キャベツ生産の際のコストとして、農薬を使うより大幅のコストアップとなります。生産者の利益を圧迫する結果となります。

食の安全を考えたとき、農薬の使用量を極限まで、削減する、
これは必須命題です。農薬が人体に及ぼす影響は詳細に研究されているとは思えないので、個人個人が意識して農薬の使用量を抑えた野菜を食するように心がけるしかない現状です。

 どんな害虫が野菜を蝕む?

きゃべつにつく害虫は、主に、蝶の幼虫です。通常、防虫ネットで、蝶の産卵を防ぐのですが、防虫ネットで覆う時期を間違うとこんな感じでボロボロにされてしまいます。

キャベツを蝕む害虫・1

スーパーなど売られているきゃべつがきれいだとすれば、農薬が散布されているか、防虫ネットで覆われて栽培されたか、・・、農薬の散布が一番生産コストがかからないと思われます。

キャベツを蝕む害虫・2

キャベツを蝕む害虫・3

キャベツを蝕む害虫・4

Counter: 534, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional