ようこそ、わん卓と、こだわり商品のBitte商店へ! 愛犬も家族の一員! 地元能登・加賀・北陸のこだわりを全国に発信しています!

能登減農薬玄米

池田さんの能登減農薬玄米

地元の人が、あそこのお米はおいしい、と言い切る高松町の
コシヒカリの限定販売です。

コシヒカリの写真

能登の入り口にあるかほく市、
そのかほく市のなかでも、
高松町の山間の土地で、
農業を営む池田さん
(石川県かほく市高松町夏栗)。 

その農家から玄米を、お客様のもとに
お届けすることで、農薬の散布を
極力抑えた、減農薬にこだわって
栽培された玄米のおいしさを
味わっていただきたいと
意気込んでいる、
Bitte(ビッテ)商店です。






 常に健康でいたい!

最近の、『常に健康でいたい』という意識は、中高年の世代を中心に、
全国的な広まりをみせ、さまざまな健康食品が販売されています。

そうした意識の広まりの中で玄米を食する中高年のお客様が、徐々に増えつつあります。

Bitte(ビッテ)商店で販売している玄米は、こしひかりで、
特に、能登の清流の川から水を引いた田んぼで生育させた、おいしいお米です。

 能登の山間のきれいな水で栽培されました。

おいしいお米を栽培する上で、その生育に使われる水の質がひとつの大きな要素となります。このお米は、能登半島の入り口にあるかほく市を流れる大海川のデルタ地帯で収穫されたものです。

大海川の水は、とても澄んでいて、お米を栽培する水としては最高です。
また、このお米の生産農家は、お米の栽培に使われる農薬の散布をできるだけ抑える、
安心の減農薬栽培を行っています。

おいしいお米は、よい水と肥沃な大地からです。 

大海川のデルタ地帯は、能登宝達山の山系から流れる水は、
森林から流れ出る自然の恵みをふんだんに含んだ水で、
米作りには最高のものです。 また、山間の土地は、
温暖の差が大きく、おいしいお米ができるための別の条件も、
満たしています。




 なぜ玄米?

なぜ玄米? と聞かれると、少し戸惑います。 
『身体に良いから・・・?!』くらいしか思いつかないのではないでしょうか?

玄米は、当然のことながら、収穫した米から、もみがらだけを除いたものです。
玄米を精米するときに、ぬか層や胚芽を取り除き、後残った胚乳の部分だけに
したものが、通常食べている白米ということになります。 

では、その取り除かれた、ぬか層や、胚芽の部分に何が含まれていたか、
がわかれば、玄米にはどういう特徴があるのか少し見えてくるようです。

インターネット上、あちこちのウェブページで玄米のことが紹介されていますが、
ここでは、玄米から白米になった際に、大きく変化(減少)する成分をあげてみる
ことにします。

  •  精米時に減少する玄米成分
    •  食物繊維
    •  ミネラル分(マグネシューム、リン、鉄、カリウム、等)
    •  ビタミンB1
    •  ビタミンE

といったところに、変化があるといわれています。

ご存知のように、食物繊維は便秘の解消に効果的です。さらに、体内の余分な
コレステロールや糖分、発ガン物質などの有害物質の排出を促す効果があり、
糖尿病、ガン、動脈硬化等の病気に有効であるといわれています。

一般的に、玄米はリン、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛といったミネラル類
も豊富に含んでいます。それぞれ体内で重要な働きをしている成分ですが、中でも、
カリウムは体内のナトリウムイオン(塩の主成分)の排出を促す働きがありますので、
塩分を控えなくてはならない高血圧が気になる人には重要なミネラルだ
といえるでしょう(高血圧症予防のためには、1日の塩分摂取量は成人で
10g以下が好ましいといわれています)。

ビタミンB1は体内で糖質(糖分)をエネルギーに変えるのに不可欠な成分です。
一般的に、ビタミンB1が不足すると,糖質をエネルギーに変えることができず、
イライラする、疲れやすい,などの症状がでまるといわれています。

また、糖質がエネルギーに変わりにくいということは、余分な糖質を脂肪として
身体にためて肥満になる原因にもなります。




 おいしい玄米ご飯の炊き方

玄米の炊き方は、いろいろなWEBページで紹介されていますが、
我が家で炊かれている玄米の調理法を載せてみます。

  •  よく洗った玄米を、1.2~1.3倍(重量でなく容量です)の水に、お塩少々を入れて、4-5時間ぐらい浸けておきます。
  •  これを強火にかけて、圧力鍋に圧力がかかってから2分ぐらい後に、弱火にして20分たきます。 その後、20分くらい蒸らします。
  •  圧力を抜き、なべの中の蒸気が完全に抜けてから蓋を開けます。


    玄米ご飯


    やはり水加減が一番大切なようです。 ご参考までに・・・。



池田さんの能登減農薬白米―おいしいコシヒカリ

コシヒカリは、魚沼産と思っているお客様が多い中で、
能登の山間で生産されたコシヒカリは、あまり知られていません。

地方の隠れたコシヒカリに光を当ててみてください。 魚沼産のコシヒカリの
圃場と同じように、昼夜の温暖の差が大きい山間の土地で、かつ、きれいな水で
栽培されたコシヒカリです。




 こんな商品もあります・・・

能登のおばあちゃんの肉厚梅干し能登のおばあちゃんのなすのからし漬け
能登のおばあちゃんのピリ辛漬け能登のおばあちゃんのさわらび漬け


 

Counter: 3615, today: 2, yesterday: 1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional