ようこそ、わん卓と、こだわり商品のBitte商店へ! 愛犬も家族の一員! 地元能登・加賀・北陸のこだわりを全国に発信しています!

普及版組み立て時のヒント

 わん卓の組み立て時のヒント ― 普及版

普及版の組み立てが大変ですというコメントを多くいただいておりますので、
組み立ての要点を順に記述していきます。


普及版とハッピー
普及版とハッピー

 一本目の脚です。

最初の脚は問題はないと思いますが、ちょっとやりにくいかも?
きつく締めないのがコツです。

普及版組み立てその2

  •  ねじ穴と、支柱の穴の関係を理解してください。支柱のねじ穴は、2穴のものが、90度ごとに2種類開いています(合計8個のねじ穴)。脚は、ゴム栓からねじ穴までが短いものを選んでください(写真の脚の黒い部分がゴム栓)。
  •  支柱をテーブルの上など平坦なところに置き、足の2箇所のねじ穴にねじを通し、写真のように、1本1本ねじを締めます。このとき、ねじを締めすぎないようにしてください。1mmくらい金属の接触部が空いている状態まで閉めてください。

 二本目の脚です。

2番目の脚もそれほど大変ではありません。対称位置に当たる脚をつけてください。

普及版組み立てその2

  •  脚は、一本目の脚とねじ穴の位置が同じものを選んで、写真のように入れてください。要領は一本目のものと同じです。同様に、ねじを締めすぎないようにしてください。1mmくらい金属の接触部が空いている状態まで閉めてください。

 三本目の脚です。

ここからがちょっと大変です。

普及版組み立てその3

  •  脚は、ゴム栓からねじ穴までが長いものが2本残っているはずです。そのうち一本は、ねじ穴とねじ穴の間に印が打たれています。この印の打たれているものは最後にねじ止めしますので、他の1本にねじを通して止めてください。
  •  脚のねじ穴にねじを通し、ねじが情報から下に向かうように脚を下ろし、ねじを固定してください。

 最後の脚です。

最後の脚は、ねじ穴のところにマークがついていますか?

普及版組み立てその4

  •  平坦な場所においてしっかりと固定してねじを締めるためには、ねじ穴は少し傾き、垂直に入れることができませんので、ねじ止めは少し困難です。

普及版組み立てその5

  •  広めのテーブルの縁のようなところで、4本の足がテーブルに触れないように工夫しながら、支柱の部分が水平になるようにして、4本目の脚のねじを固定してください。

 安定化のための過程

最後は、すべてのねじを少しずつ締め上げていく過程です。

普及版組み立てその6

  •  向かい合っている脚ごとに、ねじを少しずつ締めていきます。たとえば、ゴム栓からねじ穴までが短い一対の脚を、最初に締め、脚の部分と支柱が、ほとんど接する状態にします。
  •  足の伸びている直線方向に、支柱を揺らすように振り、その方向での脚の不安定性を小さくしていきつつ、ねじを締めます。ゴム栓からねじ穴までが長い一対の脚に対しても、同様の処理を行い、徐々にねじを締め上げていきます。
  •  この過程の最後は、ねじ穴とねじ穴の間につけられたマークの付いた足の調節でぐらつきを低減できるように工夫されています。

 最後の処理

普及版組み立てその7

  •  最終のねじの締め上げは、短い側の六角レンチの端をねじ山に差込みます。写真のように、長いほうの端を持って最終のねじ締めをおこなってください。 これによって脚をしっかりと支柱に固定することができます。

これで完成です。




Counter: 3101, today: 1, yesterday: 0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional