ようこそ、わん卓と、こだわり商品のBitte商店へ! 愛犬も家族の一員! 地元能登・加賀・北陸のこだわりを全国に発信しています!

わん卓のコメント

モニターをお引き受けいただいたわんちゃんからのコメントです。

ココアちゃんとエボニちゃん(ラブラドール)

  • ワンたくを使うまでは色々自分で作った台を使っていました。しかし高さが合わないことと安定感が悪いことで犬にも不安感を与えたことも。わん卓はその点問題ないし高さ調節も自由自在。
  • 親子で食事できるのもとても良いことだと思う。他の犬が目の前で食べていても怒らない=人間が近づいても怒らないための訓練にもなる。少しとまどったのは母親のココアが一回目だけです。おそらく自分の子供のフードを食べてると錯覚したのでは。(けっして自分のパピーのフードを食べない子だから。)
  • 組み立てのさいねじをとめるのが少し大変だった。
  • 今回はモニターになって半額くらいの値段で購入できたが友人に話したらやっぱり少し高くて悩んでしまうとのこと。

拓くん(ダルメシアン)と哲くん(ドーベルマン)

  • 家具なんかがある部屋では少し大きいかも?? 
  • 水飲みは別に濡れても良いところで設置しているので、出来たら2つの食器の高さが別々に変更できたらうれしいのですが・・・。
  • かなりしっかり作ってあり、値段的にもそんなに高くなく、使いやすいと思います。

JOBIMくんとDANCEちゃん(ラブラドール)

  • ラブラドールには最適は大きさだと思います。 ただわん卓はラブより大きな犬にこそ必要な商品だと思います。
  • (わん卓の機能は)とてもよく考えられており素晴らしい機能だと思います。我が家のような多頭飼いで2頭の大きさが違う場合は 二つの食器の高さが別々に変えられればもっと便利だと思います。
  • 素晴らしい商品だと思いますし、もっとこの商品が大型犬の飼い主さんに広まればいいな・・と感じました。やはりそれには価格だと思います。確かに手が込んだ作りで高い商品だと言う事が良くわかりますが、拡販するには、1万以下でないと厳しいと感じました。もっと手を抜けるところは抜いても安くすれば広まる商品だと思います。ただ私もペット関係の仕事をしていますが、大型犬自体が少なくなり、大型犬の商品はどのメーカーも売れていないのが現状です。
  • 小型犬には必要ないのかもしれませんが、微妙に高さ調整が出来る小中型犬用を発売すれば売れると思いますよ。しかし本当にワン卓が必要なのは大型犬、超大型犬なのは十分承知なのですが・・・。

じゅりちゃんとエリーちゃんとさくらちゃん(ラブラドール)

  • かなり以前から使わせていただいています。最初、フードとお水を両方置いてみました。好奇心いっぱいの3匹は、何の抵抗もなく使いました。よく様子を見ていると、お口と喉の高さが一緒で、スムースに入っていっています。食べている姿はとても楽そうでした。
  • そしてあぶれた子の様子と比較すると一目瞭然。前足に体重をかけ、下向きになっています。今まで何とも思わなかった食事風景の差に驚きました。ストローですすっているように食べていることに気がついたのです。人間が同じ状態で食事を取れるでしょうか?改めてわん卓の機能性にびっくりしました。
  • 安定がよく、ボールもクルクル回らない工夫がしてあり、定位置で食事を済ませているのに又驚きました。いつもだと食べながら食器が動き、ズンズン押してしまい、移動しながら食べていたのですね。高さも簡単に調節が出来るので嬉しいです。

ジャックくん(ゴールデン)と叶恵ちゃん(MIX)

  • うちは2頭なので、ジャックが叶恵のを食べそうになったりしてしたが、2頭ともとても食べやすそうに食べていました。特に叶恵がいつも食べるのが遅いのに今日はとても早く食べ終えました。叶恵はとても食べるのが楽になったのではと思いました。
  • わん卓のサイズに関しては、『もう少しスペースをとらないほうがいいと思います(折りたためたらいいと思う)。
  • 異なった犬種を買っている場合、左右の食器の高さが、別々に調節できたらいい。

りゅうくんとガジーちゃん(ラブラドール)

  • ガジー嫌いなリュウ(笑)は、ガジーとかなり近い距離で 食べる事に やはり戸惑ってしまい、なかなか餌を食べようとしません(^^: 食べ始める迄に、少々時間がかかるますが 食べない訳ではないので 慣れれば 大丈夫だろうと思っています。
  • 想像していた以上に ずっしりしているので 安定感は、バッチリ☆

Austinくん、Borrisくん、TakeruくんとTinaちゃん(ゴールデン)

  • 塗装のコーティングもきれいで、重量も予想以上にあり、安定。何より、支柱での高さ調整機能のアイディアが光ってます。
  • 水ですぐ遊ぼうとするティナが、地面に置いた水飲み器に足をつっこんだり鼻をつっこんだり、すぐ水を汚すので、外でわん卓を、水飲み用に使いたいと思ったのがはじまりでした。
  • わん卓のステンのボールに水を入れて、外に置いた初日から、我が家のゴルsは何の戸惑いもなく、あっさりとわん卓から水を飲みました。いつも地面に置いているふだんの水飲み器も、一応そばに置いておいたのですが、そこからは飲まないことに、なんともびっくら~。やはりラクな姿勢で水を飲めるほうを、自然とゴルたちも選んだんやなぁと思ったわけです。

ラブちゃんとモモちゃん(ラブラドール)

  • 思っていたより支柱がずっしりとしていて丈夫なんですよね~。ボールと受けの間でカタカタ鳴らない様な工夫もされていました。うちはいままでフレーム型で2つ穴が開いた台を使っていたんですが、2頭同時に食べるとカタカタ動くので食べ終わるまで手で押さえたりしていたんですよね~。
  • 高さもワン卓のほうが高いな~もっと高く出来るけど十分かな? 関節の弱いワンコや老犬はもちろんですが、今のところ何ら問題の無いワンコでも大型犬(特に毛の長いアフガンハウンドみたいな犬種)は絶対必要かな~。
  • 高さ調節が出来る利点として、成長期に対応できる!逆に老犬没後、パピー又は違う犬種を飼っても利用できる。 が、多頭飼いで体高に差がある場合、1台でジャストサイズには出来ないので、2台必要か、ボール受けの追加が必要だが、更に場所を取る…。
  • 開封したら 思っていたより素材が良くコストがかかっているので何十年にも、ワンコ何世代にも渡って使用できそうでした。それが販売価格に影響するのは止む終えないのですが、機能に納得したからといってサッと買える金額では無いと思います。
  • 関節や内臓系の疾患は長い年月をかけて気付かないうちに進行し、発症してから慌てて治そうとしても、その分時間が掛かるという事は人間でも犬でも同様に当てはまる事だと思います。昔から言われている「未病を治す」という言葉の通り、疾患に掛かってからでは無く、元気なうちに少しでもそのリスクを減らす事が出来たらと思い、わん卓を使用させて頂いています。

ノエルちゃん(ゴールデン)

  • 一生使えるすぐれた商品だと思います。
  • 家にわん卓が来る前は、こんなに部品1つ1つがガッチリ出来ているものだとは思っていませんでした。とても丁寧に作ってある、すばらしい品物だ}と思います。&color(blue){もっと多くの人たちが、わん卓のすばらしさを知る事が出来るといいなあと思います。

ゼロくん(ラブラドール)

  • わん卓とは、大型犬が床に置いたフードボウルから不自然な姿勢で食餌することによる問題をクリアした画期的な食餌台(食卓)のことです。
  • 実際に使ってみて、確かに違いを感じました。 特に水を以前よりよく飲んでくれるような気がします。 ゼロはホースや蛇口から直に水を飲むのが好きなのです(逆を言えばボールからはあまり好んで飲まない)が、このわん卓だとよく飲みます。 『男飲み』とか言ってもてはやしていた蛇口から直の飲み方は、ようするに低い位置からは飲みずらいからだけだったんですね。
  • とてもしっかりした作りなので、35キロ近いゼロの体当たりにもびくともしません。
  • 床にフードボールを置いての食餌が犬にとってつらいこと}で、体にも負担をかけていることなんて&color(blue){ちょっと気がつかないですよね 。我が家ではちょっとだけ気にしてて、台には乗せていたんですが、これではあまり意味なかったです。

アールちゃん (ラブラドール)

  • ワン卓自体の大きさは、こんな感じかなと思いますが、上記のようにボールのサイズを少し小さめにすると平行してワン卓自体の大きさも、ややコンパクト化できると思います。
  • わん卓制作の着目点は素晴らしいと思います。今回の普及タイプは、(最低高)がやや高いような気がしました。機能に関しては、(高さ調整)だけで充分な気がします。後は、この機能をよりシンプルな形でわん卓として完成度を上げていければ良いのでは??と思いました。
  • これからの事になるかと思いますが、やはり商品として出すからには、「アア欲しい!」とか「オッ、かっこいい」とかも大切な要素になると思います。安い商品ではありませんので、家に置いていても、気持ち的にも充足感のあるような物も魅力的だと思います。せっかくご苦労されて作られたのですから、「機能さえあればイイんだヨ」ではちょっと淋しい気もします。何よりもワン達の事を考えた上での製品だというのは理解できます。だからこそ一層いいものに出来るとイイのでは??と思いました。

ティアラちゃん (アフガンハウンド)

  • 個体に合わせて高さが調整出来る食台・・つまりワンの体に優しい食台かな。ティアラ姫に負担がかからない様にと思って・・・ティアラ姫もとても食べやすそうだし よかった、よかった (ティアラちゃんのブログから)
  • 右目の悪いティアラは右から左に移る際に支柱にぶつかりそうになりました。首の長い犬種に限っては、支柱の高さ及びボールと支柱の間隔が広い方が良いかも・・
  • 今回モニターをやらせて頂いて感じたことは、今まで高さ調整の出来る食台がなかったんだなときずいた事です。大型犬用の食台は販売されてはいましたが、高さは決まったものばかりでした。私はこれまでアフガンハウンドを含め3頭の大型犬を飼育しましたが調節が出来ないのならば高さの合う物で十分だと考えて代用しておりました。その点わん卓一頭一頭に合わせる事ができるうえ、めったな事では壊れそうにないですし、言ってみたら一生物だと思います。室内版はデザインも支柱のアーチ部分に木目調の木が使われているので温か味がありおしゃれです!
Counter: 3092, today: 3, yesterday: 4

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional