ようこそ、わん卓と、こだわり商品のBitte商店へ! 愛犬も家族の一員! 地元能登・加賀・北陸のこだわりを全国に発信しています!

わん卓

わん卓について

動いている写真をクリックしてみてください。

わん卓は、Bitte商店オリジナルの商品です。 大型犬ために開発されました。 
たくさんの大型のわんちゃんに使っていただきたい商品です。

わん卓は、多くの老齢のわんちゃんにも使っていただいております。 
脚や腰に痛みがあるわんちゃんには、わん卓を介護用品としてもご利用して
いただいております。 うつむき加減になる食事姿勢をわん卓で改善できます。

主な特徴を挙げてみると、以下のようになります。 

   [check] 自然な姿勢で食事ができ、消化にやさしい食器台。

   [check] 内臓、骨、関節に負担をかけない食器台。

   [check] これで、一生涯使える食器台。シニア犬に最適!

   [check] 食器が移動せず、埃が入りにくい食器台。

   [check] 最適な高さで、周りにフードが落ちにくい食器台。

   [check] 大型犬のことを考えて安定性に気を配った食器台。




 平成19年度 石川ブランド優秀新製品

わん卓普及版と室内版は、石川県が推進する、ブランド製品を認定する組織から、優秀新製品として認定されました。

注) 「石川ブランド認定製品」とは、石川県内の中小企業が開発した新製品を石川県が審査し、優秀な製品に対して与えられる称号です。

 食器の高さが自由に調節できます。

犬の成長によって、食器の高さが自由に調節できます。つまり、食器台の高さを、
犬の大きさに合わせて、食器の位置が、簡単に変えられるように設計されているのです。
大きい犬の場合は、ボールの位置を上方に移動させることができ、小さい犬の場合は、
逆に、ボールの位置を下方に移動させることができます。

食器の高さを変更したわん卓の写真を見てください。このわん卓の高さは、一番低くくして、
約26cmくらい、一番高くして、約50cmくらいになります。

わん卓普及版最低点
わん卓普及版の食器位置の最低点(26cmくらいの高さ)

わん卓普及版最高点
わん卓普及版の食器位置の最高点(50cmくらいの高さ)




 脚、腰、背骨の関節に負担をかけません。

この高さ調節により、ボールの位置の最適な高さを、簡単に設定することができます。
犬は、食事のときには、食器を床に置くと、犬は前脚に全体重の約70%がかかる
と言われていますので、大型犬の内臓、骨、関節に負担をかけますが、
わん卓によって、その負担を軽減させることができます。

特に、シニア犬は筋力が衰えてしまうために、楽な姿勢で食事をさせる上で、
是非、お使いいただきたいものです。 

 犬の消化器官にやさしい。

また、わんちゃんの食道は横向きになっている為、頭を下げた状態では食物が
胃に流れにくくなります。そのため、うつむき加減で、わんちゃんはむせることが
多いといわれています。

この問題もわん卓によって解消することができます。




 床置き食器では、あちこち動きます。

わんちゃんが食事をするときに、床に食器を置くと、どうしても食器が移動してしまい、
フードが周りにこぼれてしまいます。わん卓を使うと、食器が移動することもなく、
きれいに食べてくれます。

 倒れにくくすることを心がけました。

大型犬を対象としておりますので、100%安定ということはできません。

しかしながら、大型犬であるがゆえに、軽い材料を製品に使用することで、
食器台が移動してしまうとか、簡単に押し倒してしまうとか、最終的に食器台として
満足のいかないものとなることは、十分予測されました。事実、最初の試作品は、
その点で不十分でした。

そのため、高さ調節のための支柱は、金型を新規に起こし、重量を十分確保するように
デザインされました。 

そのため、材料費を圧迫し、結果的に販売価格をあげることに
なってしまいましたが、『安定性』という観点では、
かなり改善されています。

ボールを4つにしたわん卓
わん卓のボールを4つ付けたわん卓です。安定性にご満足いただいています。


Bitte商店では、機能的な形状の普及版と、木材を使用して高級感を持たせた
室内版をご用意いたしました。 室内版は、コンパクトに、お部屋の片隅に
おくことができます。 




 わん卓のモニターさんからのコメント

わん卓のコメント

Counter: 51401, today: 5, yesterday: 3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional